ホーム>>体験談>>人間関係 相手の受けとめ方 -->

上級心理カウンセラー  遠藤 久恵のカウンセリング・コーチング

人間関係 相手の受けとめ方

公開日:2017年07月17日 カテゴリー:体験談 タグ:

優しく受け止める

receiving_the_feelings-2

ちょっと想像してください。

何かを受けとめる時、強い力で受けとめるとその衝撃も強く感じられませんか?
例えば、飛んできたボールを受けとめる時、力いっぱいに受けとめると、ボールは弾かれて
腕の中から零れ落ちることもあります。

逆に強い力ではなく、柔らかく胸で抱え込むように受け止めると、フワッと抱えることができます。
こうして、私たちは受けとめる力を知ることができるのです。

このことからもわかるように、力を力で制することは難しいことなのです。
自分に対する強い言葉や態度を受けとめる時、力を少し抜いてみませんか・・・。

また、真正面から受け止めるより、角度を少しだけ変えてみることも・・・。

心のキャッチボール

receiving_the_feelings

正直にすべて、言葉や態度を強いものとして受け止めると反発もするでしょう。

しかし自分で相手の受け止め方を知れば、嫌な気分になったり、怒りを感じることが減少します。
相手の気持ちや、言わんとしている意味を考えてみることです。

受けとめる側の姿勢で、相手も投げるボールの強さを考えることができるようになることも!

お互いが適度な強さのボールの投げ合いと、受け取りができれば、最良のコミュニケーションとなるはずなのです。

受けとめたら返すことが基本ですから、受けとめた自分が投げる時のことも考えていきたいものです。