ホーム>>ひとりごと>>やることいっぱいでパニックに!なったら -->

上級心理カウンセラー  遠藤 久恵のカウンセリング・コーチング

やることいっぱいでパニックに!なったら

公開日:2020年11月11日 カテゴリー:ひとりごと タグ:

忙しさの中で

 

 

忙しい思いをしながらも日々をちゃんと過ごしている自分を誉めてあげることはありますか?
誰かに話しても、当たり前のこと!と一刀両断かもしれません。

それは、同じような思いをしている人が多いということです。

しかし、自分は自分。やるべきことをやっている自分にご褒美の笑顔を向けて下さい。

さて、日常においてはこのようにやることがいっぱいあるものですが、普段以上にそれらがのしかかってくることもあるでしょう。

家事でも、仕事でもそのような経験はあるはずです。
それを負担に感じてしまうと、どうして!何で!どこからやれっていうの!などと自身がパニックをおこすことがあるのです。

やらねばならないと思い込むことが、最大のストレスと変わる時でもあります。

対処の仕方はあります!考え方や受け取り方を少し変えることだけで楽になれるはずなのです。

 

自分のペース

 

 

大切なことの一つは、自分のペースを把握すること。

家事でも仕事でも、流れの中で行うことでスムーズさが感じられます。それは、自分のペースという流れがあるからです。

無暗に急いだり、焦る気持ちを持つ必要などありません。
その気持ちを持つと、かえって滞りが生じてきます。

そして、やることの優先順位をつけることです。

今やらねばいけないことなのか、後でも良いのか。一度にすべてをこなすことは誰でも無理なことです。一つずつ丁寧に関わるという気持ちの余裕を持ちましょう。

さらにやらねばならないことなのか?の選別をすることも大事なことです。

もしかしたら、やらなくてはいけないことだと自分で思い込んでいることもあるのではないでしょうか。できることをしっかりと見極めなくてはいけません。

このように、やらなければならない!と思い込んでいるものは結構多くあります。必要に迫られていることでも、今やるべきなのかどうかを考えることです。

 

捉え方と考え方

 

 

自分に押し付けられている!と思わないことも大切なことです。
逆に自分にしかできないことなのだ!!と思うことです。誰にもできないから自分が選ばれたと考えれば、ちょっとは気持ちが楽になります。

仕事は自分を選んでやってきた!
私はいつもそう思っています。だからこそ丁寧に取り組まねばいけない、真剣に向い合わねば失礼だと感じるのです。

気持ちが乱れ、パニックになるような多くの仕事を抱えていたとしても、できることからやろう!今必要な事からやろう!そう受け取ってみるだけで先へ進むことができます。

一つずつこなしていくことで、自分の力がみえることもあり、先へ進んでいる実感も湧いてくるものです。

もし、焦りや慌てる気持ちが現れたら、自分自身に言い聞かせて下さい。

大丈夫!できることだからここにやってきた。自分を選んでやってきた仕事にはしっかりと向き合おう!と。

 

 

関連記事