ホーム>>カウンセリング事例>>親子関係② -->

上級心理カウンセラー  遠藤 久恵のカウンセリング・コーチング

親子関係②

公開日:2017年07月04日 カテゴリー:カウンセリング事例 タグ:

子どもの記憶

oyako2-1

これはご相談のあった親御さんにお話ししたことです。
子どもは、幼い頃の親の姿勢や言葉を覚えています。
もちろん、それが良くない力として与えられていたならば、なおさら頭にしっかりと焼き付いています。

その話しを子どもがする時の表情はとても寂しそうで、怒りも含まれています。
思いだしたくないことですからね。

親御さんは、忘れているのです。
いや、忘れようとしているのかもしれません。

子どもの感情

oyako2-2

子どもさんが、それを思いだす場面があるときは、親との距離をおきたがります。
自分が描く親というイメージから遠いものだからです。

友達の親御さんと比べ始めます。
親が嫌い、いらない・・・そんな感情も持つのです。

親御さんとは、この現実を受入れて、これからどのように関わったらよいかを話し合います。

親が親である意識は、常に持っていること。
当たり前ですが、この感覚は忘れがちです。

親は子どもに教えられることが多いのです。
子どもにより、親は成長できます。

親子で成長する関係でいてほしいと願います。