ホーム>>カウンセリング事例>>焦りは禁物 -->

上級心理カウンセラー  遠藤 久恵のカウンセリング・コーチング

焦りは禁物

公開日:2017年07月05日 カテゴリー:カウンセリング事例 タグ:

焦りがもたらすデメリット

aseri-1

焦りが続くと、その先に怒りや落胆が・・・。

これは自分の理想と現実のギャップの中で起こることです。

誰もが理想を持ち、目標として掲げることは、仕事上や生きる上でも励みになります。
自分の力を高めたいと願いながら、そこに向って進みます。

しかし、そこにはなかなか到達できないことも事実なのです。

それを忘れてしまうこと・・・これもよくあります。

すると、どうして?なぜ?こんなはずじゃなかった!どうすればいいの・・・。
などと自分の中で焦りが生まれてしまうのです。

理想と現実のギャップを受入れられない状況です。

それを話してくれた人がいます。
ここに至るまでを振り返り、決して進んでいないわけではないことの確認。

さらに、階段を一度に何段も上がろうとすると無理があることも知ってもらいました。

aseri-2

落ち着いた彼女は、少し自分を認め、焦ることなく一歩ずつ歩くことが今できることだとはっきりと言ってくれました。

焦りは禁物!
なぜなら、自分を追い込むことだからです。

焦っても、慌てても、時はいつもと同じに流れます。
少しリラックスして、現実を確認しながら目標を再設定しても良いのです。

今の自分に焦りがあったら、しっかり言い聞かせて下さい。
焦りは禁物!ですよ。