ホーム>>カウンセリング事例>>自分を励ます事の大切さ -->

上級心理カウンセラー  遠藤 久恵のカウンセリング・コーチング

自分を励ます事の大切さ

公開日:2017年06月12日 カテゴリー:カウンセリング事例, 体験談 タグ:,

これから先の自分

950254e5616acb4d4b4e6520599d4008_t

しばらく引きこもりを経験した人の話しです。と言っても、その原因や引きこもり生活の様子をお話しするのではありません。 彼は毎日、自分はどうしたらよいのか、これから先の自分が見えないと感じていました。学校も何の役に立つのか、親のために行くのかなど自問自答。結局いつまでたっても何の解決も見いだせないまま、時ばかりが過ぎていきました。

 

自分に疑問をもつことは、たぶん彼だけではないでしょう。考えても、考えても見えるものはなく、誰も信用できないという感情さえ生まれてきたのです。

そんな時、お話する機会をいただきました。彼のことを自由に話してもらい、しっかりと受け止めました。決して何が間違っているとか、悪いなどという内容は見当たらないのです。 だから余計に迷ってしまうのでしょうか?

勇気をもらった曲

lgf01a201409121200

 

彼はこのままではいけない!何とかしたいという思いは持っていました。外の世界と繋がりを絶ったような彼ですが、趣味がありました。音楽を聴くことです。大好きなアーティストがおり、たまにCDを聴いていたようです。 私もそうだったのですが、歌の歌詞をよく聞いたり、読んだりすると、とても深い意味を含んでいると感じる時があります。

たまたま彼の好きなアーティストの歌で私が励まされたということもあり、それを聴いてほしいことを話しました。どうやら知っている歌だったようなのですが、再度、歌詞を読み考え、歌を聴き見えるものがあった!という報告を受けました。


他愛のないことなのです。日常が描かれている歌詞なのですが、みなが違ってよいこと、今は何も信用できなくても、無理して信用することはない。きっとその時がくるから大丈夫!そのような内容でした。(実際はもっと深い)

それを彼は自分でどのように読み取り、感じ、考えたのでしょうか。すぐに引きこもりを終えたわけではありませんが、自分のやりたいことが見えてきたとのことでした。いくつもの歌に励まされ、勇気をもらったと言っていました。


心の中の言葉

ThinkstockPhotos-534682529

そして、自分を励ます言葉を持つことを勧めました。自分を一番信頼しているのは自分なのですから、心の中でも言葉にしてでも自分にエールを送ってほしいのです。自分なりの歌詞を書いてほしいのです。


教員時代のことですが、同じようなことを話してくれた生徒さんがいました。好きな歌から、嫌なことがあってもきっと乗り越えられると感じたこと、そして癒してもらったこと。 歌との出会いが、自分の生きる力になることもあるのです。

歌をボ~ッと聞くのも良いですが、身を入れて聴くと色々なことが読み取れます。共感できます。
好きな歌、何ですか?