ホーム>>ひとりごと>>新たな生き方としての提案 -->

上級心理カウンセラー  遠藤 久恵のカウンセリング・コーチング

新たな生き方としての提案

公開日:2017年11月29日 カテゴリー:ひとりごと タグ:

今の生き方

 

ワークライフバランス

 

毎日を同じように、淡々と生きていること、それを幸せだと感じることありますか?

何故か不満を持つようになり、他人と比較するようになっている・・・。
こんなこともあるでしょう。

誰もが、自分の生き方を正しいとか間違っているなど考える余裕もなく今を生きているのです。

考える時間がなければ、それはそれで何事もなく過ぎていくでしょう。
でも、立ち止まる余裕もない・・・などとはちょっと寂しい事でもあります。

毎日を何事もなく、無事に過ごしていくことは大切な事。

もし、立ち止まって考えてみよう!と思ったのなら、このように考えてみて下さい。

 

毎日は旅

 

夢への道

 

日常は、同じようでも違う日々。

私たちが過ごしている毎日は、「旅」なのだと考えられませんか?

景色が変わると、感情も変わります。
美しい山並みに、心が明るくなるでしょう。森の中の清流に清らかな心を感じます。

しかし、いつも一地点にとどまると景色は変わらず、次第に印象も薄くなります。

実際は、とどまることがないので景色の変化と共に感情も揺れ動くのですが、必ずしも良い感情だけというわけではありません。

毎日の旅は、私たちの持っている様々な感情との出会いの場なのです。

プラスの感情もマイナスの感情も、しっかりと受け止め、受け入れなくてはいけません。
それが、日々を生きていくということなのですから・・・。

これこそ、まさしく色々なことが起こる「旅」なのです。

 

時の流れに乗る

 

自由

 

こうして日常を「旅」として捉えていくと、その時その時の景色と、そこから引き起こされる感情をともに覚えることができます。

景色により引き起こされる感情を覚えていると、同様の景色を見る時の見方を自分で変えることもできるのです。

私たちは、時の流れに乗る旅人!

どんな時でも、新しい発見を喜び、楽しむことができるのです。
景色により、感情を変えることもできます。

生き方を変えるのではなく、生きていることを楽しむことが大切です。
どのような状況であっても、景色が刻々と変わるように日常も変化していきます。

新たな生き方として、時の流れに乗る旅人として進みませんか。

きっと、素敵な旅になります!

 

 

関連記事